Euromobil / Zalf / désirée

お手入れ方法

ユーロモビル製品は、全て安全に十分配慮して設計されています。
しかし、間違った使い方をすると、破損や事故に繋がることがあり危険です。
事故を防ぎ、製品を永くご使用頂く為に、以下の注意事項を必ずお守り下さい。

  • 日頃のお手入れは、水を含んだ柔らかい布を固めに絞り水拭きし、その後乾いた柔らかい布で乾拭きすれば十分です。
    特に汚れが気になる場合、以下の注意事項に従ってお手入れして下さい。
  • 木材部分
    十分に希釈してアルコールを含ませた柔らかい布で軽く拭いて下さい。
    その後、乾いた柔らかい布(研磨用ではない)ですぐに乾拭きして下さい。
    ワインや酸性液体のこぼれた後は、すぐに拭き取って下さい。木目に沿って
    表面を掃除することと、撥水性のクリームを定期的に使うことが望ましいです。
    使用不可
    アセトン・トリコロエチレン・塩素・アンモニア・シンナーを含む商品、
    クレンザー、ワックス、家具要磨粉、スチールたわし
  • ラッカー塗装部分
    十分に希釈したアルコールを含ませた柔らかい布で軽く拭いて下さい。
    その後、乾いた柔らかい布(研磨用ではない)ですぐに乾拭きして下さい。
    初めの内、表面に残っている粉黛コーティングにより布が汚れることがあります。
    使用不可
    研磨剤、(中性)洗剤、アセトン、トリコロエチレン・シンナーを含む商品、
    クレンザー、ワックス、家具用磨粉、スチールたわし
  • ガラス・アルミニウム・プラスティック部分
    アルミニウムには固く絞った布を推奨します。
    ガラスには、ガラスクリーニング専用製品を使用し、よく乾かして下さい。
    使用不可
    研磨パッド、スチールたわし、クレンザー、アルコール
  • ステンレススチール部分
    ぬるま湯と中性洗剤を使用し、その後柔らかい布で乾拭きして下さい。
    光沢を出す為には、ステンレス専用の洗剤を使用して下さい。
    使用不可
    研磨剤、酸性洗剤、粉洗剤、塩素・漂白剤・塩酸を含む商品
  • ラミネート部分
    十分に希釈したアルコール又は中性洗剤を含ませた柔らかい布で軽く拭いて下さい。
    その後、乾いた柔らかい布ですぐに乾拭きして下さい。
    使用不可
    研磨剤、アセトン・塩素を含む商品、クレンザー
  • ポリメリコ樹脂部分
    十分に希釈したアルコール又は中性洗剤を含ませた柔らかい布で軽く拭いて下さい。
    その後、乾いた柔らかい布ですぐに乾拭きして下さい。
    使用不可
    研磨剤、アセトン・塩素を含む商品、クレンザー
  • 十分に希釈したアルコール又は中性洗剤を含ませた柔らかい布で軽く拭いて下さい。
    その後、乾いた柔らかい布ですぐに乾拭きして下さい。
    使用不可
    研磨剤、アセトン・塩素を含む商品、クレンザー
  • 人工大理石及びクォーツ・エンジニアード・ストーン
    柔らかい布又はスポンジに、希釈した台所用中性洗剤を付け軽く擦り落とし、その後、水を含ませ固く絞った布で拭き取って
    下さい。汚れが目立つ場合、柔らかい布又はスポンジに水性クレンザーを付け軽く擦り、その後、水を含ませ固く絞った布で
    拭き取って下さい。
  • ステンレススチール
    ごく軽い汚れの場合は、柔らかい布での乾拭きで十分です。水拭きした場合は、必ず乾いた布で拭いて下さい。汚れが目立つ
    場合は、ぬるま湯と中性洗剤を使用し、柔らかい布で乾かして下さい。光沢を出す為には、ステンレス専用の洗剤を使用して
    下さい。表面に錆が生じてきた場合等で落ちにくい場合は、市販の清掃薬液を用いステンレス製のたわしでラインに沿って擦
    り落とすようにします。この場合は汚れを落とした後、十分水洗いをし、更に乾いた布で拭き取って下さい。そのままにして
    おくと全体に薄黄色い染みが残る原因となります。
    使用不可
    研磨剤、酸性洗剤、粉洗剤、塩素・漂白剤・塩酸を含む商品
  • 天然大理石
    ぬるま湯と中性洗剤を含ませた柔らかい布で軽く拭いて下さい。その後、乾いた柔らかい布ですぐに乾拭きして下さい。
    醤油、ソース、酢、コーラ、レモン、ワインビネガー、コーヒー、ホウレンソウ、等はすぐに取り除いて下さい。
    定期的に耐水性トリートメントの処置をするのが望ましいです。
    使用不可
    研磨剤、酸性のものや溶剤を含む商品
  • 天然御影石
    十分な水で薄めたアルコールを含ませた柔らかい布で軽く拭いて下さい。
    その後、乾いた柔らかい布ですぐに乾拭きして下さい。
    染みが素材に浸透し易い傾向がありますのでご注意下さい。
    使用不可
    研磨剤、酸性のものや溶剤を含む商品

本社

〒583-0014
大阪府藤井寺市野中3-8-8

大阪営業所・大阪ショールーム

〒541-0054
大阪府大阪市中央区南本町2-2-2明治屋ビル5F

東京営業所・東京ショールーム

〒151-0053
東京都渋谷区代々木3-36-8東高代々木ペアシティ105

COPYRIGHT © FUJIYA CO.,LTD